サプリメント健康被害実例

テレビの通販番組、新聞の折り込み広告、インターネットの広告などでひときわ目立つダイエット健康食品では、体験者の写真や体験談、「食事制限、運動も不要!」などといった誘い文句につられて購入し、健康障害や金銭のトラブルを起こす例は跡を絶ちません!

このページではこういったサンプリメント健康被害の実例集を紹介します。

●2003年、鹿児島市の40代の女性が呼吸困難の症状で入院し、閉塞性細気管支炎と診断されました。その原因として、接種したアマメシバを原料にした健康食品との関係が疑われました。過去に台湾でも同様の症状が報告されています。

●2006年5月にテレビ番組で白インゲン豆によるダイエット法が紹介されましたが、これを実践して、生か加熱不足の白インゲン豆を接種した150人以上が、嘔吐、下痢などの消化器症状を起こしました。

●2007年、スギ花粉の女性がスギ花粉を主な成分とする健康食品を飲んでアレルギー症状を起こし、意識不明の重体となりました。厚生労働省は同品が医薬品に該当し、薬事法違反になるとの見解を示しました。

●2007年9月にカナダ保健省がコロイド銀製品に注意喚起を、10月にはオーストラリア治療製品局がコロイド銀の慢性的な摂取によると疑われる被害事例を報告しています。外国製品購入の際には情報収集が大切です。

●「ガン抑止率100%」「確実にガンを消滅させる」などと宣伝する書籍を販売したある出版社が薬事法違反で有罪となりました。患者心理につけ込む虚偽・誇大広告は跡を絶たず、そうした商品による健康被害の報告もあります。

こうした事例は、被害にあった消費者の基礎知識の不足もありますが、業者側の悪質な場合がほとんです。ですが、消費者は、テレビ番組、新聞、雑誌、ネットの口コミを嘘、虚偽であると判断するにはかなり難しいのではないでしょうか?

以下のサプリメントは、NPO日本サプリメント協会が執筆した、『サプリメント健康バイブル』に紹介されていた12の信頼基準を超えたサプリメントを紹介します。

グリナ 味の素 / ラクトフェリン ナイスリムエッセンス / プロテインプラス / オキシバリア / アスタキサンチン / パームカロテン / Bプラス / Eプラス / ビタミンゼリー / ルテイン / ドナン / 鉄分 / マルチミネラルビタミン / DHA / 肝油 / ゴマ / イソラコン / カプシエイト / アグリマックス / グルコサミン / COQ10 / レンチン / コンドロイチン / 乳酸菌 / アガリスク / あしたば / カイアポ / カシス / かつおの力 / 菊芋 / カミフル / キャッツクロー / ポリフェノール / コタラヒムブツ / メタバリア / ブルーベリーアイ / 発酵ブルーベリー / バイオフラボンメデック /

共通パーツ

全てのページのコンテンツ下部に表示されるパーツです。

ページトップへ