コロナ時代を生きるための60冊 現代思想

青土社から出てる現代思想とユリイカが、鹿児島のブックスミスミオプシアで開催されていたので、『コロナ時代を生きるための60冊 現代思想』を購入しました。

マニアックな本が紹介されているので、メモ書きとして、書いておきます。

上野千鶴子 ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』
吉川浩満 マクニール『疫病と世界史』
小川眞理子 クロスビー『史上最悪のインフルエンザ』
長谷川貴彦 ル=ロワ=ラデュリ『気候の歴史』
斎藤憲 トゥキュディデス『歴史』
全卓樹 ブルクハルト『イタリア・ルネサンスの文化史』
原山浩介 シュトレーク『資本主義はどう変わるのか』
加藤尚武 チャペック『ロボット』
西谷修 福岡伸一『新板 動的平衡』
三浦英樹 シュティフター『晩夏』
春日直樹 デカルト『省察』
斉藤賢爾 フラー『宇宙船地球号操縦マニュアル』
日埜直彦 AMO&コールハース『カントリーサイド、ア・レポート』
松田法子 スコット『反穀物の人類史』
倉谷滋 ゴドフリー・スミス『タコの心身問題』
渡邉淳司 ダマシオ『生存する脳』
村上しほり 安保則夫『ミナト神戸 コレラ・ペスト・スラム』
伊勢田哲治 セン『不平等の再検討』
市野川容孝 ベンヤミン『暴力非反論』
島薗進 カミュ『ペスト』
入不二基義 三上真司『イエス運動・マルコ・哲学』

コメント

タイトルとURLをコピーしました