何かを捨てるということ

何かを捨てる。そう、それが自分には一番大事なこと。

「なんのこと?」

そう思うのが普通。

人は、なにかも捨てながら生きていきます。

だって、自分に必要な情報以外、ふつう、切るでしょう。

自分の身内、親戚、家族が亡くなれば、それは大きな出来事でしょうが、世界中であまたに亡くなる命。日本でたくさん亡くなる交通事故で亡くなる命。病気で亡くなる命。

それって、自分に近い、知っている以外の死って、切ってるよね?絶対そうでしょ?

自分に嘘つかないで、、そう、みんな、ぎ・ぜ・ん・し・ゃ!

いかにも、憂れいる感じで、世界の不幸をしかめっ面で、あー、こー、言うけど、そんなことお構いなしで、な~んも感じてなくて、ゲームの点数や、仲間の悪口や、学校の成績や、会社の立ち位置や、そんなことに夢中。

で、何を捨てればいいのってこと。

そう、そういった自分の内でも外でも、社会ってのはある。それに過剰反応しないこと。

だって、君の手にはあまるほどの事件、事実、ニュース、出来事。

君はなんにもできない。それが事実。心を痛めても、何にも出来ない。

だから、何もするな。

そう、何もするな。

社会は、世の中は、君とは関係ないところで、流れていく。

そう、ただ、ただ流れていく。

ただ、風に吹かれながら、生きていく。

それだけ。

そう、風に吹かれて生きていく。

流されていく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました